topimage

2017-10

スポンサーサイト - 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上級編★★★ ホオジロ - 

こちらがオス
2014-02-11-hoojirom-130605-IMG_5805a.jpg

こちらがメス
2014-02-16-hoojiro-f-140216-1035-IMG_5248a.jpg

春になったら鳥達が囀り始めますね♪
耳を澄まして探してみましょう。

「ホオジロ」

漢字で書くと「頬白」で頬が白いことからその名がつけられました。
しかし、実際には頬全体が白いわけではなく、体は赤褐色で背中に黒色の縦班があり、
顔は白地に黒の線が入っているスズメより大きい鳥です。

春になると木のてっぺんや電線など高い所で胸を張ってさえずるので、
何か鳴き声が聞こえたら探してみて下さい。

聞きなし(鳥のさえずりを人間の言葉にしたもの)は「一筆啓上つかまつり候」です。

スポンサーサイト

上級編★★★ ツマキチョウ - 

上級編の「ツマキチョウ」です

こちらがオス

ツマキチョウ♂

こちらがメス
ツマキチョウ♀


春だけに現れる可憐なチョウでモンシロチョウと同じシロチョウ科。

オスは前ばね先端が美しい橙色ですが、メスは灰色です。
後ばねの裏はともに「和風まだら模様」です。

飛んでいる時は、モンシロチョウに間違われやすいですが、
本種の方がやや小さいことや直線的に飛ぶことなどで見分けられます。
幼虫はいわゆるアオムシで、タネツケバナやナズナ、ダイコンなどの葉や花を食べます。
日当たりに敏感で、天気のよい日は活発に活動し、日が陰ると活動を停止します。

上級編★★★ ニホンタンポポ - 

上級編★★★ ニホンタンポポ

ニホンタンポポP4041570

日本タンポポ 花 松井 P4041555

町中で見かけるタンポポは外国から侵入したセイヨウタンポポかアカミタンポポばかり。

でもまれに山里で日本古来のニホンタンポポ(総称)が見つかります。
運が良ければ町中の神社境内や城山などで発見することができます。

区別は花の下側の緑のヒラヒラ(総苞片)が水平から下向きに反り返っているのが外来種。
白花のタンポポはシロバナタンポポといい西日本だけに分布し、
とくに愛媛・高知県に多く見られます。

上級編★★★ クビキリギス - 

上級編★★★ クビキリギス

kubikiri4978(1).jpg

クビキリギス2

春、夜が少し暖かく感じ始める頃、
どこからともなく「ジーーー」という電気の変圧器のような大きく鋭い声を響かせます。

なんとも季節を感じる声です。
草地で見つけるのは至難の業ですが、街灯に飛来した姿を見ることがあります。
和名は、物に噛みついたとき無理に引っ張ると首が切れるほどなかなか離さないことに由来しますが、
口の周りが赤いことがその強さを強調しています。

イネ科の穂や芽、小昆虫などを食べ、成虫で冬を越します。

上級編★★★ ニホントカゲ - 

上級編★★★ ニホントカゲ

DSCN5479s.jpg

DSCN5476s.jpg


石垣などに住んで昆虫やミミズを食べます。

体はテカテカとメタリックな光沢があり、シッポは体の1/2ほどの長さ。
若いトカゲのシッポが青色できれいです。
動きがすばやくてなかなか捕まえることができませんが、
捕まえるとシッポを切って逃げます(シッポはすぐに再生)。

カナヘビとよく似ていますが、カナヘビは体に光沢が無く、
シッポが体の2/3ほどと長いことが区別点。

どちらも見た目はこわそうですが、噛む力は弱く無毒です。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もりみち

Author:もりみち
生きもんマスタープロジェクトにエントリーし、季節ごとに送られる「生きもんカレンダー」に掲載されている生きもんを探し、報告をしてポイントを集めれば生きもんマスターに認定されます。
1年間参加して頂いた方には生きもんグッズをプレゼント♪

カテゴリ

生きもんマスターとは (2)
登録方法 (1)
秋号 初級編 ☆☆★ (4)
キンモクセイの花または香り (1)
ヒガンバナ (1)
センダングサ類の種 (1)
カマキリの仲間 (1)
オンブバッタ (0)
秋号 中級編 ☆★★ (5)
ジュズダマの実 (1)
カラスウリの種 (1)
シマシマ帽子のドングリ (1)
はね先に模様がある赤トンボ (1)
カネタタキの声または姿 (1)
秋号 上級編 ★★★ (5)
アケビの実 (1)
ガマ類の穂 (1)
アサギマダラ (1)
マツムシの声または姿 (1)
モズの鳴き声または姿 (1)
夏号 初級編 ☆☆★ (5)
ツユクサの花 (1)
カブトエビ/ボウネンエビ (1)
アブラコウモリ (1)
アジサイの真の花 (1)
ヤモリ(ニホンヤモリ) (1)
夏号 中級編 ☆★★ (5)
イモリ(アカハライモリ) (1)
ヒグラシの声 (1)
ホタルブクロ (1)
ザリガニ(アメリカザリガニ) (1)
ハグロトンボ (1)
夏号 上級編 ★★★ (5)
カワセミ (1)
ハンミョウ (1)
ナナフシ (1)
ナマズ (1)
シークレット (1)
春号 初級編 (5)
ツクシ (1)
ウグイスの鳴き声 (1)
ツバメ (1)
オオイヌノフグリ (1)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の成虫 (1)
春号 中級編 (5)
ネジバナ (1)
よつばのクローバー (1)
ナナホシでないテントウムシ (1)
ツマグロヒョウモンの幼虫 (1)
シャクトリムシ (1)
春号 上級編 (5)
ニホントカゲ (1)
クビキリギス(鳴き声でもOK) (1)
ニホンタンポポ (1)
ホオジロ (1)
ツマキチョウ (1)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。